ミュージックやカルチャー、スポーツといった幅広いシーンから多彩なヒントを得て、時代に合った個性的なストリートファッションを提案し続けているのがX-girl(エックスガール)です。カジュアル派のファッショニスタの中には、X-girlの独自の世界観が生み出すアイテムの大ファンという方も多く存在します。ラフな感覚で気取らない雰囲気にもかかわらず、可愛く着こなすことができるのがこのブランドの大きな魅力の一つです。オシャレはカジュアルにきめたいという方や、ストリート系ファッションが大好きな方にお勧めのこのブランドですが、Xーgirlをご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、Xーgirlの魅力について、誕生した背景なども交えつつご紹介します。

リアルクローズを追求したXーgirlのファッションスタイル

Xーgirlは1994年の夏に、デザイナーのキム・ゴードンがデイジー・ヴォン・ファースと立ち上げたファッションブランドです。Xーgirlの特徴は、アメカジを彷彿させるストリート系ファッションを得意としている点です。立ち上げたキムとデイジー本人たちが着たいファッションにこだわりが置かれ、彼女たちにとってのリアルクローズをX-girlのアイテムとして打ち出しました。グラフィック、デザインなどをファッションへ落とし込んだユニークなアイテムを次々と展開し、ファッション業界だけに留まらず、ミュージックやアートも巻き込む形でのレディースストリートブランドとして、一躍脚光を浴びました。彼女たちが提供するXーgirlのファッションは、ベーシックかつ飽きがこないアイテムを基本にし、時代の変化に応じて、女の子のリアルストリートスタイルとして受け入れられ続けています。

大胆で可愛いデザインがストリートシーンをカジュアルに彩る

Xーgirlは、ロゴが入った総柄パーカーや、大きめロゴを配したニットなど、大胆でカラフルなデザインを取り入れた、一目見てXーgirlだと分かるカジュアルファッションが豊富です。ラフに着こなしたい時には、真っ青なTシャツをデニムにオンしたコーディネートも映えますし、シックにきめたい時にはモノトーンコーデですっきりまとめることも可能です。とにかくXーgirlのデザインはデニムとの相性が抜群なので、スニーカーを合わせればスポーティな雰囲気がすぐに完成します。さらに、オシャレコーデを格上げしたい時には、Xーgirlのリュックもお勧めです。Tシャツとデニムを合わせ、キャップを被った一般的なコーディネートでも、Xーgirlロゴ入りのリュックを背負うだけでセンスアップになります。